診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
花粉症・花粉皮膚炎

花粉症と皮膚症状

みんなが知っている花粉症ですが、意外に皮膚に症状が出ることが多く、アレルギー性鼻炎・結膜炎などの症状に加えて、花粉皮膚炎という皮膚症状も見られ、特にアトピー性皮膚炎の方は30%の人が花粉の時期により悪化するといわれています。

同じような症状が花粉だけでなく、ダニ、ハウスダスト、カビ、イヌ・ネコなどの動物の上皮や毛、黄砂などでも見られるため、症状や検査から原因を見つけていく必要があります。

花粉皮膚炎の治療

花粉皮膚炎のおこり方には2種類あり、皮膚に直接花粉が接触して悪化する場合と目や鼻から花粉が入って2次的に悪化する場合があります。特に顔に元々皮膚炎があった場合などは、皮膚の中に花粉が入りやすくなるため悪化しやすくなります。

 皮膚症状としては顔のかゆみや赤みが最も多く、目の周りに症状が強く出ます。また全身に蕁麻疹が出現したり、アトピー性皮膚炎が悪化したりします。

  • 治療

治療は皮膚に対する飲み薬、塗り薬に加えて、目薬や咳止め、点鼻薬、吸入薬なども使用し、皮膚だけでなく花粉症に伴う鼻炎、眼症状、呼吸器症状の治療も同時に行います。
また、アレルギーの原因を知るためのアレルギー検査も重要です。現在ではダニ、ハウスダスト、カビ、動物に加えて食べ物に対するアレルギーも含めて36種類以上のアレルギーを同時に検査することができます。さらに、スギやダニに対するアレルギーが強い場合には舌下免疫療法というアレルギー体質自体を改善させる治療も行うことができます。

 

花粉症は鼻症状、眼症状、皮膚症状、呼吸器症状など様々な症状を合併する疾患です。あま市のごとう皮フ科クリニックでは皮膚に対する治療はもちろんですが、鼻症状、眼症状、呼吸器症状に対する治療や舌下免疫療法による予防治療も同時に行い、トータルで花粉症を改善していく治療を行っています。

花粉症の原因植物

花粉症も以前はスギが中心でしたが、最近は様々な花粉で花粉症が起こることが知られています。ひどい人になると真冬以外はずっと花粉症なんて人もおられます。

花粉症の治療は早めに飲み薬を開始することが一番大切です。

そのために自分がアレルギーを持っている花粉を知っておくことも大切です。検査・治療をご希望の方はお気軽にあま市のごとう皮フ科クリニックまでご相談ください。

 

樹木

スギ

花粉症の最大の原因物質。日本の林業に欠かせない樹木で、戦後に大量に植林されました。
秋田杉や、吉野杉も植物学上は、同品種。2~4月にかけて猛威をふるいます。

ヒノキ

日本特有の常緑針葉樹。3~5月が花粉のシーズンで、植林面積がスギを上回るところもあります。

ネズ

花粉の季節は、ヒノキと同じ3~5月。ヒノキの一種で、飛散時期が微妙に異なる。

ケヤキ

都市の街路樹などによく見られる食物だが、4~5月に花粉の量が多く、症例も多い。

テウチグルミ

4~5月ごろ、動物のシッポのような長い花房から大量の花粉を出す。クルミ科の植物。

シラカバ

近年、北海道では花粉症の原因物質として注目を浴びている。シーズンは、4月ごろ。

ハンノキ

飛散期間が1~3月とかなり早いのが特徴。全国の広範囲に分布し、花粉の飛散量も多い。
本数自体は、少ないものの、わさび田などを日陰にするために植林されていることが多い。

イネ

真夏に花粉を飛ばすが、花粉の粒子が大きいため、遠くまで飛んでいかず被害が少ない。

カモガヤ

イネ科の花粉症の主要犯。明治初期、牧草として日本に入ってきた帰化植物のひとつ。

オオアワガエリ

カモガヤと同じく明治初期に入ってきた。寒冷地に雑草として全国に広く分布している。

ブタクサ

日本の3大花粉症のひとつ。8~10月に花粉を飛散させる。大群落を形成することもある。

ヨモギ

秋口の原因は、ブタクサとヨモギで、この2種は飛散時期も重なる。全国に分布している。

サイタカアキノキンリンソウ

日本に帰化した食物の中でも特に繁殖力が高く、10~11月がシーズンの原因物質。

カナムグラ

ツル科の植物で他の植物に強く巻き付く。雌株と雄株があるが、花粉は秋の雄株から発生。

ヘメスイバ

タデ科ギシギシ属。5~7月に花粉を飛ばす多年草で、日当たりのよいところに育つ。

ヒメガマ

飛散シーズンは7~8月の夏。円柱状の花穂から、大量の花粉を飛散させる植物。

 

例年の花粉の飛散量予測を示します。樹木では広い範囲に花粉が飛びますが、草の花粉はあまり遠くには飛ばないため、検査で草の花粉だとわかった人はその花粉の季節に河原や公園などに近付かないことも対策になります。