診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
DOCTORS
医師紹介
*

豊富な知識と高度な技術を持つ
プロフェッショナルチーム

あま市七宝町の一般・小児皮膚科/美容皮膚科「ごとう皮フ科クリニック」では、
15名以上の皮膚科専門医が専門知識と技術を活かして幅広い皮膚疾患に対応し、
患者さまの肌トラブルを根本から改善してまいります。

*

GOTO YASUFUMI

歩みを止めることなく進む。患者さまに、安心して治療を受けていただくために。

院長 / 医学博士
医療法人 わかくさ会 理事長
後藤 康文

皆さま、はじめまして。2011年4月、あま市七宝町に「ごとう皮フ科クリニック」を開院させていただきました後藤康文です。

私は、美和町で生まれ育った祖父、皮膚科医として50年以上診療にあたった祖父、内科医としてまだ現役の父と3人の影響も受けて皮膚科医師を志しました。高校卒業後、国立信州大学医学部に入学し、卒業後そのまま大学病院に勤務しました。その後は慶応大学医学部やアメリカへの留学などを行い、皮膚科専門医として研鑽を積んでまいりました。

当院の理念は「患者さまに安心して治療を受けていただく」ことです。それを実践するために、15年間の大学病院での診療経験を生かした正確な診断と治療を行うことはもちろんとして、最新の設備、機器を導入し、身近なクリニックで大学病院レベルの最先端の治療を受けていただけることを目指して診療してきました。

開院して10年以上経ち、多くの患者さまを診察させていただき、また多くの患者さまに信頼していただき、本当に感謝しています。しかし、医療はどんどん進化しています。そのためには私自身が新しい知識や技術を常に学び、取り入れていく必要があります。最近は全国から多くの皮膚科専門医が当院で働くことを希望し、検討会や学会を通じて最先端の皮膚科医療について高め合っています。また、医療スタッフも努力と経験を積んで、他のクリニックから賞賛を集めるほどです。まだまだ至らないところが多く、日々学ばなければいけないことばかりですが、身近なクリニックで最先端の治療を受けていただけるよう、そしてその結果「安心した」「来てよかった」と皆さまに喜んでいただけるようスタッフ一同、誠心誠意がんばりますので、末長く宜しくお願いいたします。

略歴

名古屋市中村区生まれ

1997年国立信州大学医学部 卒業、医師免許取得
1997〜1999年信州大学医学部附属病院 勤務
1999〜2000年飯山赤十字病院皮膚科 医長
2000〜2003年慶應大学医学部 勤務
2003〜2005年信州大学医学部附属病院 勤務
2005〜2007年アメリカ合衆国 St. Johns Hospital 勤務(留学)
2007〜2011年信州大学医学部附属病院 勤務
2011年4月ごとう皮フ科クリニック 開院
信州大学医学部非常勤講師(兼任)
*

NIHEI TATSUYA

子どもの頃憧れた医師のように、ただ治療するのではなくひとり一人に向き合った医療を。

副院長
二瓶 達也

ごとう皮フ科クリニックの医師、二瓶達也と申します。
私は新潟生まれ、新潟育ちで、子どものころから自然や動物に触れ合うことが好きでした。多くの時間を野山で過ごし、自然との触れ合いを深めてきました。医師を志すきっかけとなったのは、小児期に喘息などで長い入院生活があり、その時の主治医の先生のおかげで今の健康な私がいると感じています。その先生は、病気の治療だけでなく、いつも優しく、時に厳しく、父親のように接してくれました。そのような医師になりたいと、いつしか夢見るようになりました。

名古屋市からも通いやすい あま市の皮膚科 ごとう皮フ科クリニックには、多くのお子さまがいらっしゃいます。皮膚のトラブルはもちろん、アレルギーに悩むお子さまやそのご両親の方々に、少しでも安心していただける診療を心がけております。花粉症、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患についても、お気軽にご相談ください。

趣味は釣りと生物観察です。学生時代は、昆虫や海の生き物の観察が好きで、毒のある毛虫や蜂に刺された経験もあります。これらの生き物たちの持つ不思議な生態や、人との共生関係を学ぶことは、私にとって大きな楽しみです。そして、それが皮膚科の診療にも役立っているように感じています。現在は家で、長野県で捕獲したアカハライモリを飼っています。

患者さまの皮膚のトラブルや悩みに対して、最適な治療を提供していきたいと思っています。どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

略歴

新潟県出身

2010年昭和大学歯学部歯学科 卒業、歯科医師免許取得
2014年岩手医科大学医学部医学科 卒業、医師免許取得
安曇野赤十字病院 研修医
2016年信州大学医学部附属病院皮膚科学教室 医員
2017年長野赤十字病院皮膚科 勤務
2020年信州大学医学部附属病院皮膚科学教室 医員
2021年〜ごとう皮フ科クリニック 勤務
資格
所属学会
専門
悪性腫瘍、手術、昆虫など有毒生物に関連した皮膚疾患
アレルギー、皮膚腫瘍など今まで論文を書いた分野など
*

JEONG JINWOOK

継承だけでなく、新しきに挑戦する。それが、より良い医療への選択肢を拡げる。

副院長
ジョン ジンウク

幼い時から新しいことに挑戦するのが好きでした。それゆえ、韓国で医師免許をとった後も普通にそのまま医者として仕事するのではなく、他の国でも経験したいと思い、日本の医師免許を取得し、愛知県で皮膚科医として働くことになりました。

人間は日々発展するのを目指すべきだと思っております。過去から継承しないといけない知識はもちろん、新たな治療や診断に関しても興味を持って挑みつつ、新しいことに挑戦する、経験するために頑張りたいと思います。患者さまの希望に沿ってより良い方針があれば積極的に共有し、皮膚科以外の専門外の部分も知っている知識の範囲内で相談に乗ります。

略歴

韓国、釜山(プサン)出身

2008年東國大学校医学部 卒業、韓国医師免許取得
忠清北道丹陽郡 公衆保健医(兵役)
2011年自生漢方病院 勤務
2013年日本医師免許取得、名古屋大学病院初期研修医
2015年名古屋大学病院皮膚科 勤務
2016年豊田厚生病院皮膚科 勤務
2017年名古屋第一日赤病院皮膚科 勤務
2018年岐阜県立病院皮膚科 勤務
2019年名古屋掖済会病院皮膚科 勤務
2022年〜ごとう皮フ科クリニック 勤務
資格
専門
一般皮膚科、皮膚腫瘍全般
*

TAKAHASHI KAORUKO

皮膚を健やかに、日常を快適に。そのための努力を惜しみません。

皮膚科医
高橋 薫子

皮膚の病気は小さなお子さまからご高齢の方までさまざまであり、非常に多岐にわたります。
皮膚に関して不安がありましたらどんな些細なことでも構いませんのでご相談ください。的確な診断をし、治療の選択肢をお伝えし、患者さまが安心して治療に臨める環境をつくりたいと思います。

皮膚科専門医として皆さまの皮膚を健やかに保ち快適な日常を過ごしていただけるよう、努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

略歴

三重県出身

1994年福井医科大学(現 福井大学医学部)卒業、
医師免許取得
三重大学皮膚科学教室にて研修
1996〜1997年山田赤十字病院皮膚科 医員
1997〜2000年三重大学皮膚科学教室 医員、助手
2000〜2001年鈴鹿中央総合病院皮膚科 医長
2002〜2005年米国立衛生研究所 pigment cell biology
研究生、visiting fellow
2014年〜ごとう皮フ科クリニック 勤務
資格
専門
皮膚科一般
*

KIMURA NANAE

家庭でも治療継続できるよう生活に寄り添い、わかりやすく説明

皮膚科医
木村 奈苗

治療の効果を目で見て実感できる皮膚科に興味を持ち、この道を志しました。それぞれの生活背景に寄り添い、ご自宅に帰られてからも安心して治療を継続できるよう、分かりやすい説明を心がけています。

略歴

三重県出身

2006年三重大学医学部医学科大学 卒業、医師免許取得
山田赤十字病院初期臨床研修
2008年三重大学医学部附属病院皮膚科 医員
2009〜2014年市立四日市病院皮膚科 医員
2018年〜ごとう皮フ科クリニック 勤務
資格
*

FUJIMOTO YOSHIKO

時に外見に傷を残す皮膚疾患。 些細なものだからと 気後れすることなく、何でも相談を。

皮膚科医
藤本 佳子

2020年からあま市 ごとう皮フ科クリニックに勤務しています。
大学病院では主に皮膚アレルギーを学び、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(化粧品や薬のかぶれ)、金属や食物アレルギーなどの検査と治療を多く経験してきました。

ニキビやアトピー性皮膚炎はお子さまのありふれた病気ですが、時に外見や心に傷を残したり、生活に支障をきたすことがあります。皮膚科で専門的な治療を受けていただくことでその苦痛を減らすお手伝いができたらと思います。

虫刺されや皮膚の痒みやシミなど、ちょっとした症状でも恥ずかしがらずにご遠慮なくご相談ください。皮膚科に来てよかったと言っていただけるよう心がけて診察いたします。

プライベートでは、二人の娘は既に結婚し、仕事と趣味(ガーデニングとドライフラワー作り)を両立中です。

略歴

福岡市出身

1989年藤田医科大学医学部医学科 卒業、医師免許取得
1989〜1991年福岡大学病院皮膚科 勤務
1991〜1996年名古屋大学医学部附属病院分院皮膚科 勤務
1996年〜愛知県内の皮膚科クリニック 勤務
2020年〜ごとう皮フ科クリニック 勤務
資格
所属学会
専門
皮膚アレルギー疾患
(接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎など)
*

SUMIDA RIHO

自身が悩んできた経験から、 患者さまの立場に寄り添う

皮膚科医
角田 理穂

15年ほど病院勤務をしていましたが、双子男児を出産してから あま市 ごとう皮フ科クリニックに勤めています。
私自身アトピー性皮膚炎があり、皮膚のトラブルや痒みに悩まされてきました。患者さまのお話に耳を傾け、お気持ちに寄り添った診察とわかりやすい説明、丁寧な施術を心がけています。お気軽にご相談ください。

略歴

愛知県豊田市出身

2000年京都府立医科大学 卒業、医師免許取得
2001年厚生連加茂病院 研修医
2003年名古屋大学医学部附属病院皮膚科 勤務
2004年小牧市民病院皮膚科 勤務
2006年名古屋第一赤十字病院皮膚科 勤務
2008年名古屋大学医学部附属病院皮膚科 医員
2009年県立多治見病院皮膚科 医長
2015年稲沢市民病院皮膚科 医長
2018年〜ごとう皮フ科クリニック 勤務
資格
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

従来の皮膚疾患に加えて、
当院では特に
3つの分野に力を入れていきます。

*
  • 01

    アレルギー疾患

    アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、金属アレルギー、接触皮膚炎、花粉症に伴う皮膚炎など、近年増加しているアレルギー疾患。アレルギー疾患においては、治療はもちろんですが原因をはっきりさせることが重要です。
    患者さまのご希望に応じた検査と検査結果に基づく正確な診断、さらに診断に基づく最新の治療を実践していきます。

  • 02

    小児皮膚疾患

    子供には肌のトラブルが大変おこりやすく、また原因も様々です。院長自身、4人の娘の父として感じることですが、子供が病気になることは子供自身にとっても家族にとっても大変な苦痛です。
    その苦痛を少しでも早く取り除けるように、小児皮膚科学会員として小児皮膚疾患を重視し、力を入れていきます。

  • 03

    美容皮膚科医療

    安心・安全な美容皮膚科医療も行ってまいります。しみ、しわ、しつこいニキビなどの疾患は患者さまにとって深刻な問題であるにもかかわらず、かつては“美容皮膚科医療は病気ではない”として軽んじられる風潮がありました。しかし、どんなことでも肌のトラブルを解決するのが皮膚科医の仕事であり、また近年はそれを実践できる医療用レーザーの開発も進んできました。
    最新の美容皮膚科医療は保険診療ではないため高額な治療費になるというイメージがあると思います。しかし、最新の機器を使用した治療でなければ改善できない肌のトラブルがあるということも事実です。
    あま市七宝町の一般・小児皮膚科/美容皮膚科「ごとう皮フ科クリニック」では、皮膚科専門医としてお勧めできる安心・安全な治療のみを、できるだけ安価に提供できるように努めてまいります。