あま市七宝町,皮ふ科,皮膚科/ごとう皮フ科クリニック,一般皮膚科,小児皮膚科,アレルギー科,美容皮膚科,アトピー,にきび/名古屋市.中村区.中川区.津島市.稲沢市.愛西市.清須市

  • WEB受付
  • 待ち状況確認
皮膚科一般 アトピー性皮膚炎 じんましん にきび いぼ・水いぼ 水虫・爪水虫 巻き爪 皮膚腫瘍・皮膚がん 上記以外の疾患 美容皮膚科症例 しみ・そばかす かんぱん くすみ・たるみ・しわ 青あざ・きずの跡 にきび・にきび跡 毛穴 赤ら顔 男性型脱毛

美容皮膚科診療

レーザー脱毛 VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛 ジェントルマックス ジェントルレーゼ ジェントルヤグ レーザーフェイシャル ALEXⅡ リフトアップレーザー ケミカルピーリング フラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE イオン導入 ボトックス ヒアルロン酸 CO2レーザー
採用情報ページへ アクセス concept.html staff.html 診療時間 携帯サイト
よくある質問 患者様からの質問を掲載
ごとう皮フ科クリニック
あま市七宝町沖之島高畑43-2
TEL:052-441-0077
名古屋鉄道(名鉄)津島線
『七宝』駅 南側150m

あま市七宝町,皮ふ科,皮膚科/ごとう皮フ科クリニック,一般皮膚科,小児皮膚科,アレルギー科,美容皮膚科,アトピー,にきび
名古屋市.中村区.中川区.津島市.稲沢市.愛西市.清須市

ごとうデンタルクリニック
患者さまに安心して治療を受けていただきたい

あま市七宝町,皮ふ科,皮膚科/ごとう皮フ科クリニック,一般皮膚科,小児皮膚科,アレルギー科,
美容皮膚科,アトピー,にきび/名古屋市.中村区.中川区.津島市.稲沢市.愛西市.清須市

  • 皮膚科一般(保険診療)
  • 美容皮膚科症例
  • アクセス・医院紹介
  • 7つのこだわり
  • 院長・スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 初診の方もご利用いただけます WEB受付はこちら

    初診の方もご利用いただけます WEB受付はこちら

  • 待ち状況確認

    待ち状況確認

携帯・スマホでのご予約はこちら

受付時間

受付時間

  • WEB受付
  • 窓口受付

<診療時間>
8:40〜12:30 15:10〜19:00 
<休診>
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意下さい。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。

平成23年4月、あま市七宝町に「ごとう皮フ科クリニック」を開院させていただきました。
当院の理念は「患者さまに安心して治療を受けていただく」こと。それを実践するために、これまでの大学病院での診療経験を生かした正確な診断と治療を行うことはもちろん、最新の設備、機器を導入いたしました。身近なクリニックで最先端の治療を受けていただけるよう、そしてその結果「安心した」「来てよかった」と皆さまに喜んでいただけるよう誠心誠意がんばります。ごとう皮フ科クリニックを末長く宜しくお願いいたします。

ごとう皮フ科クリニックからのお知らせ

  • 学校も会社も新しい門出の時期です。新しい環境に慣れるまで色々と大変ですが、みなさん頑張って下さいね。今年は花粉や黄砂などのアレルギーが強く、花粉症やアトピー性皮膚炎の患者さんにはつらい状況が続いています。しかし悪いことばかりではなく、最近アトピー性皮膚炎の優れた新薬の発売が続いています。注射(デュピクセント:重症アトピー性皮膚炎向け)、内服薬(オルミエント:中等症~重症アトピー性皮膚炎向け)、外用薬(コレクチム:軽症~重症すべてのアトピー性皮膚炎向け、コムクロシャンプー:頭のかゆみが強い患者さん向け)と重症から軽症の患者さんまで幅広く有効な薬があり、また様々な塗り心地の有益な保湿剤も使えます。アトピー性皮膚炎がひどくなったらステロイドで症状を軽くするのを繰り返すという時代は終わり、アトピー性皮膚炎は治る病気になりました。もし、つらい症状を我慢で乗り切ろうとしていたり、今までの治療に失望したり、あきらめているのであれば、遠慮なくご相談いただければと思います。

  • 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、風しんの集団予防接種を接種していないため、本人が風しんにかかりやすいだけでなく、周りの妊婦さんへの感染源になる可能性があります。この度、国の方針により風しん抗体検査費用と抗体検査の結果による低抗体者の方への予防接種費用が助成されることになりました。当院でも助成者への抗体検査・予防接種を実施させていただきます。
    *実施期間:2021年4月1日から2022年3月31日まで
    ※クーポン記載の有効期限に関しては各市町村へご確認下さい
    *抗体検査費用:無料
    *検査方法:WEB受付は不要ですので、直接ご来院いただき受付でお申し出ください。初回は検査のみ、2回目(約1週間後)は検査結果をご連絡し、必要に応じて予防接種を行います。また、皮膚科診察と同時に検査をご希望の方は受付の際にお申し出ください。
    *注意事項:各市町村より発行された「クーポン券」と本人確認ができる証明書を持参してください。クーポンは全国どこの市町村発行でも有効です。

  • 早くも桜が咲きはじめすっかり春の陽気ですね。今年はスギ花粉が大量に飛散していますが、最近はヒノキ花粉・黄砂によるアレルギーが多くなってきました。特に黄砂は皮膚症状を伴う方が多く、マスクでは隠せない目周りや頬が荒れ、例年5月中旬まで症状が続きます。部屋でも換気をしなければいけないので対処が難しいところですが、保湿剤や日焼け止めなどで皮膚にバリアを作ることが予防になります。ただし、ヒリヒリしたり痛くなってきたらすでに皮膚炎になっています。その際はお薬を処方しますので、ご相談いただければと思います。お花見に行きたいところですが、今年はコロナと黄砂で行けそうもないので、テレビでお花見にしようと思っています。

  • 3月に入りスギ花粉の飛散も本格化しています。今年は自宅だけでなく学校や職場でも換気を行うためマスクを着用していても、花粉症や花粉によるアトピー性皮膚炎などの皮膚症状が悪化する患者様が多くみられます。一つの原因は、鼻や口、目からだけではなく、皮膚から花粉が侵入することです。顔に保湿剤や日焼け止めをしっかり塗ること、また、化粧をすることも花粉皮膚炎の予防にはなりますが、治りにくい場合は塗り薬やアレルギーの飲み薬が有効です。最近は、ステロイドではない外用剤で顔の皮膚炎に有効な外用剤が使用できるようになりました。お困りの際は遠慮なくご相談ください。学校への食物アレルギー調査票を提出する期限が近づいてきています。食物アレルギーをお持ちのお子様は書類を記載いたしますので、遠慮なく受付へお申し出ください。

  • 寒い日が続いていますね。それでも春は少しずつ近づいているので花粉や黄砂の飛散が始まってしまいました。今年もマスクは必需品ですが、換気のため窓を開けることが多いせいか、すでに花粉に反応している患者様も多くみられます。毎年、花粉症の症状でお悩みの方は、早めに抗アレルギー薬の服用を開始して悪化を防いでいきましょう。また、アトピー性皮膚炎の方は、花粉症の時期に皮膚症状も悪化します。できるだけ皮膚にバリアを作って花粉が直接触れないようにして、アトピー性皮膚炎やヘルペス、とびひが悪化しやすい花粉の時期をうまく乗り切りましょう。また2月から3月は学校へ提出する食物アレルギー調査票の提出時期です。食物アレルギーをお持ちのお子様は早めにアレルギー検査を行い、余裕を持って最新の結果を記載した書類を提出できるようにしていきましょう。アレルギー調査票などの書類への記載が必要な場合は、遠慮なく受付へお申し出ください。