あま市七宝町,皮ふ科,皮膚科/ごとう皮フ科クリニック,一般皮膚科,小児皮膚科,アレルギー科,美容皮膚科,アトピー,にきび/名古屋市.中村区.中川区.津島市.稲沢市.愛西市.清須市

  • WEB受付
  • 待ち状況確認
皮膚科一般 アトピー性皮膚炎 じんましん にきび いぼ・水いぼ 水虫・爪水虫 巻き爪 皮膚腫瘍・皮膚がん 上記以外の疾患 美容皮膚科症例 しみ・そばかす かんぱん くすみ・たるみ・しわ 青あざ・きずの跡 にきび・にきび跡 毛穴 赤ら顔 男性型脱毛

美容皮膚科診療

レーザー脱毛 VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛 ジェントルマックス ジェントルレーゼ ジェントルヤグ レーザーフェイシャル ALEXⅡ リフトアップレーザー ケミカルピーリング フラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE イオン導入 ボトックス ヒアルロン酸 CO2レーザー
採用情報ページへ アクセス concept.html staff.html 診療時間 携帯サイト
よくある質問 患者様からの質問を掲載
ごとう皮フ科クリニック
あま市七宝町沖之島高畑43-2
TEL:052-441-0077
名古屋鉄道(名鉄)津島線
『七宝』駅 南側150m

あま市七宝町,皮ふ科,皮膚科/ごとう皮フ科クリニック,一般皮膚科,小児皮膚科,アレルギー科,美容皮膚科,アトピー,にきび
名古屋市.中村区.中川区.津島市.稲沢市.愛西市.清須市

ごとうデンタルクリニック
患者さまに安心して治療を受けていただきたい

あま市七宝町,皮ふ科,皮膚科/ごとう皮フ科クリニック,一般皮膚科,小児皮膚科,アレルギー科,
美容皮膚科,アトピー,にきび/名古屋市.中村区.中川区.津島市.稲沢市.愛西市.清須市

  • 皮膚科一般(保険診療)
  • 美容皮膚科症例
  • アクセス・医院紹介
  • 7つのこだわり
  • 院長・スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 初診の方もご利用いただけます WEB受付はこちら

    初診の方もご利用いただけます WEB受付はこちら

  • 待ち状況確認

    待ち状況確認

携帯・スマホでのご予約はこちら

受付時間

受付時間

  • WEB受付
  • 窓口受付

<診療時間>
8:40〜12:30 15:10〜19:00 
<休診>
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意下さい。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。

平成23年4月、あま市七宝町に「ごとう皮フ科クリニック」を開院させていただきました。
当院の理念は「患者さまに安心して治療を受けていただく」こと。それを実践するために、これまでの大学病院での診療経験を生かした正確な診断と治療を行うことはもちろん、最新の設備、機器を導入いたしました。身近なクリニックで最先端の治療を受けていただけるよう、そしてその結果「安心した」「来てよかった」と皆さまに喜んでいただけるよう誠心誠意がんばります。ごとう皮フ科クリニックを末長く宜しくお願いいたします。

ごとう皮フ科クリニックからのお知らせ

  • 新年明けましておめでとうございます。旧年中は色々とお世話になり、ありがとうございました。今年もいろいろなことが起こると思いますが、何とか乗り切りたいものです。皆さまにとって良い1年となりますよう心からお祈り申し上げます。何かと至らぬ点も多かったと思いますが、少しでも皆さまのお役にたてるよう職員一同で力を合わせて頑張ってまいります。年明けは1月6日(水)から通常通りの診療をさせていただきます。本年もごとう皮フ科クリニックを宜しくお願い申し上げます。

  • 今年も残すところあと1か月になりました。クリスマスも忘年会もなかなか楽しめない少し寂しい年末ですが、来年はきっと明るい年になると信じて日々過ごしていきたいですね。12月が近づくにつれ乾燥がかなり強くなってきました。保湿剤はベトベトして嫌だという方も多いですが、乾燥して異常を感じている肌を正常に戻すためのものなので、塗ってみると意外なほどに肌の調子が良くなります。保湿剤にもいろいろな種類があり、肌の状態に合わせて処方するのはもちろん、効果、刺激感、年齢、性別、塗る部位や塗り心地の希望などを総合的に踏まえ決定していきます。保湿剤は加湿器やうがいとともに感染対策としても有効です。今お使いの保湿剤の変更がご希望の方も遠慮なくお申し出ください。しっとりしたきれいなお肌で冬を乗り切りましょう。

  • 過ごしやすい気持ちのいい季節になってきました。例年ですと、運動会、文化祭、遠足、修学旅行などに忙しい季節ですが、今年は学校によっては中止になっているところも多いようです。数少ない参加できる行事をできる限り楽しめるといいですね。今年は、やはりマスクによるトラブルが多くみられています。マスクによる肌荒れにもいろいろと種類があり、マスクかぶれ・マスク素材のアレルギー・マスクによる乾燥・毛穴の開き・ニキビ・耳が痛いなど数えきれないほどあります。その中でもマスクによるニキビと乾燥・かゆみが圧倒的に多くなっています。マスクをしていると湿気を多く感じますが、実は顔の表面は乾燥してくることが多く、さらにその乾燥がニキビを悪化させるという悪循環になってしまいます。保湿に加えて適切なお薬を使うことによって、マスク荒れによるニキビ跡やシミ・色素沈着を残さないようにしっかりケアしていきましょう。マスク荒れでお困りの際はお気軽にご相談ください。7月と似ていますが、やはり最もニーズの多いマスクの話題で書いてみました。今後とも、ごとう皮フ科クリニックを宜しくお願い申し上げます。

  • あっという間にお盆が終わってしまいました。今年は熱中症とコロナに気を付けながら特別な夏をなんとか乗り切りましょう。今回は以前に少しお話ししたアトピー性皮膚炎の新薬「コレクチム軟膏」についてお話しさせていただきます。「コレクチム軟膏」は、ヤヌスキナーゼ(JAK)という分子をターゲットにした日本で開発された世界初のアトピー性皮膚炎治療用外用薬です。アトピー性皮膚炎の発症部位に塗ることで、細胞内のJAKを選択的に阻害しJAK/STAT経路という免疫・炎症の体の反応を抑える働きがあります。少し難しくなってしまいましたが、つまり、ステロイド外用剤よりも副作用が少なく治療できるアトピー性皮膚炎の外用剤が新しく使えるようになったという大変良いニュースなのです。アトピー性皮膚炎の治療については以前お話しさせていただいた3つの大きな柱「1.保湿によるスキンケアをしっかり行うこと」、「2.皮膚炎や痒みをしっかり抑えること」、「3.食物やダニ・ハウスダスト・カビ・花粉などの悪化要因を原因検索して除去すること」が大切ですが、このうち「コレクチム軟膏」は「2.皮膚炎や痒みをしっかり抑えること」に効果のある薬剤です。これまで皮膚炎を抑えるための治療はステロイド外用剤や免疫抑制外用剤が主体でしたが、それに「コレクチム軟膏」の選択が加わりました。最大の特徴は、副作用が少なく、刺激感や長期使用などの心配がほとんどないということです。実際、当院でもすでに多くの患者様に使用していただいていますが、ほとんど副作用がなく安全に使えています。さらにもう一つの特徴は、予防的に使用できるということです。アトピー性皮膚炎の患者様の最大の悩みである顔の病変が徐々に改善し、アトピーっぽくない明るい顔になってきます。もちろん良いことばかりでなく、薬としての効果は弱いため、体には効果が不十分であったり、顔に対してもひどくなった時にはステロイド外用剤を併用したり、子供にはまだ適応がなかったりと問題点もあります。しかし、少し前から使えるようになった「デュピクセント」同様に副作用が少なく安全性の高い治療薬の選択肢が増えたことはすごく良いことで、特に顔の病変がストレスだった患者様にたいへん喜んでいただけるので、医師としてこれほど嬉しいことはありません。塗り方など工夫しなければいけない点もあるため、使用する際には詳しくお話しさせていただきますが、アトピー性皮膚炎の治療では継続が大切ですので、頑張って続けられるように納得いくまでしっかり説明を聞いていただければと思います。今月は長くなってしまいましたのでここまでにさせていただきます。気になる皮膚症状やアレルギー症状の際には遠慮なくご相談ください。

  • 暑いのにマスクをしなければならず、つらいところですね。今年はマスクによる皮膚トラブルがやはり多くなっています。ニキビ・肌荒れ・マスク素材によるアレルギー・マスク焼け・耳が痛いなど、様々なトラブルがありますが、それでも今年の夏はマスクをしない訳にはいかなさそうです。特にニキビは治りにくいだけではなく、ニキビ跡にもなりやすい大きなニキビができる方が多くなっています。最近のニキビ治療はニキビを治すだけではなく、ニキビをできにくくしたり、ニキビ跡まできれいにする治療が主体です。また、ニキビや毛穴を美容的にきれいにするケミカルピーリングもどんどん進化しています。マスクトラブルの際にはお気軽にご相談ください。最近、アトピー性皮膚炎外用剤の新薬が処方できるようになりました。ステロイドを使用しておらず、副作用も少ないため、特にアトピー性皮膚炎患者様の大きな悩みである顔の皮疹治療に対する選択肢が広がりました。日々進歩する医療をできるだけ早く正確に患者様に提供し良くなっていただくために、医師として日々精進していく必要性を強く感じます。