診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
手湿疹

手湿疹について

指に皮疹ができ、痒みや、亀裂により痛みを伴う状態です。水仕事などが多い主婦にみられるため主婦湿疹とも呼ばれます。手には皮脂腺がなく、角化が強いため皮膚が乾燥しやすく、また手を洗うことや洗剤・アルコールの使用で乾燥しやすくなるため、皮膚のバリア機能が低下しやすい状態です。

また、手は日常で様々なものに接触するため、物理的刺激も受けやすいという特徴があります。そういった理由から様々な抗原やアレルゲンが角層に侵入しやすく、手湿疹の原因となります。

手湿疹の分類

手湿疹は原因やアレルギーによって分類されます。

  1. 刺激性接触皮膚炎
  2. アレルギー性接触皮膚炎
  3. 蛋白質接触皮膚炎
  4. アトピー型手湿疹

また皮膚の状態からの分類もあります。

  1. 角化型手湿疹
  2. 進行性指掌角皮症
  3. 貨幣状湿疹型手湿疹
  4. 再発性水泡型(汗疱型)手湿疹
  5. 乾燥・亀裂型手湿疹

原因や手湿疹の症状はさまざまですが、一人一人の状態に合わせた対策や治療が必要です。

大切なのは予防

最も重要なのはスキンケアとなります。保湿剤をこまめに使用することで、皮膚のバリア機能の低下を防ぎます。皮膚のバリア機能が改善されると、原因物質からの刺激が回避され、感作を受けにくくなることによりアレルギー発症を予防することになります。

アレルギー性接触皮膚炎や蛋白質接触皮膚炎が疑われた場合にはパッチテストが有用です。また血清特異IgE値やプリックテスト、スクラッチテストが有用な場合もあります。

当院の治療方針

まず、皮膚の症状と生活・職業から、原因や悪化要因を推定します。
原因が除去できる場合にはそれを最優先しますが、生活や職業によっては除去がなかなか難しい場合もあります。その場合には手袋や保湿クリームなどで皮膚にバリアを作り保護していきます。
さらに紅斑や丘疹、小水疱など、炎症徴候のあるものにステロイドを外用します。亀裂などにはステロイド含有テープ剤も用いる場合もあります。効果が十分でない場合にはODT療法や重層療法など特殊な外用方も説明いたします。
アレルギーが疑われるにもかかわらず原因がはっきりしない場合には、パッチテスト、血清特異IgE値などの検査で原因を追求していきます。金属アレルギーが原因の場合もありますので(特に再発性水泡型(汗疱型)手湿疹などで)、その場合は金属パッチテストを行っています。
アトピー型など難治な場合にはアトピー特有の外用剤やエキシマライト、ナローバンドUVBなどの紫外線療法の併用も有効です。

手荒れは日常的に誰でも多少は経験したことがあると思います。しかし、ひどくなると日常生活に影響を及ぼすのみでなく、仕事や育児にも差しつかえることもあります。手荒れ治療も進歩していますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。