診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
水ぼうそう

水ぼうそう(水痘)について

水ぼうそうは水痘(すいとう)のことを称します。
ヘルペスウイルスの一種である、水痘-帯状疱疹ウイルスによる感染症で、
主に小児で発症しますが大人にも感染することがあります(大人の方が重症化します)。

水ぼうそうの症状

水ぼうそうは伝染力が強く、水疱から出る液体から接触感染するだけでなく、咳・くしゃみなどから空気感染します。また家族が帯状疱疹にかかった2週後くらいに発症することもあります。

感染した場合、約2週間の潜伏期後、微熱・頭痛・筋肉痛などを発症し、皮膚に小さな赤いぶつぶつ、その後水疱が多発します。徐々に赤みが茶色になり、かさぶたになっていきます。

予防接種を行っておくと水ぼうそうにかかった場合でも症状が軽くなります。一方で熱が出なかったり、水疱が出ない場合もあり診断が難しいこともありますが、やはり予防接種はやっておくことをお勧めします。

水ぼうそうの治療

ほとんどの水ぼうそうは抗ウイルス薬を経口投与することで治療を行います。また水ぼうそうの跡を残しやすい病気です。特に顔に残ると一生治らない場合もあります。

あま市のごとう皮フ科クリニックでは、抗ウィルス薬内服による水ぼうそうの治療を行うのみでなく、水疱の跡を残さないようにするためにウェットドレッシング法による治療を行っています。