診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
乳児湿疹

乳児湿疹について

生後から1歳頃までの赤ちゃんの肌にできる湿疹の総称です。
例えばあせも、全身の乾燥、頭皮やまゆげ、おでこなど皮脂の分泌が多い部位に黄白色のかさぶたのようなものができる脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)アトピー性皮膚炎の始まりや重症型などが含まれます。おむつかぶれよだれかぶれ、新生児ニキビも乳児湿疹のひとつです。

お子さまの肌の変化

赤ちゃんや子どものお肌は時期によって大きく変わってきます。

新生児期:生後3~4ヶ月まで

お母さまのホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えます。

乳児期:1才までの赤ちゃん

だんだん皮脂の分泌量が減ってきます。

幼児期:1才から小学校入学まで

一生に中で皮脂の分泌量が最少です。

学童期:小学生

思春期の変化がでてくると皮脂の分泌は増えてきます。

子供の肌の特徴は、「角層」という皮膚のバリア機能のために大切な層が大人の2分の1~3分の1しかなく、また皮膚にとって大切な皮脂の分泌量が成長に伴って変化するということです。

そのため、成長に応じた適切なスキンケアが大切になります。
例えば3〜4ヶ月くらいまでは皮脂の分泌が多いためある程度皮脂をしっかりとってあげること、特に頭やおでこなど油っぽい場所はしっかり洗ってあげることが重要です。一方、1歳を超えると急激に乾燥してくるため今までと同じ洗浄では乾燥しすぎてしまいます。また、個人差も大きいためよく観察して適切な石鹸や保湿剤を使ったスキンケアを行うことが大切です。

当院の治療方針

あま市のごとう皮フ科クリニックでは、まず正確に診断することが大切と考えています。

そのためにアレルギー検査や細菌の種類を調べる検査が必要になることもあります。治療は子供の皮膚は大人よりも薄く、塗り薬の吸収がよいため年齢に応じた塗り薬を選択する必要があります。
また、皮膚は部位によっても薬の吸収率が違います。部位に応じて塗り薬を調節する必要もあります。

もう一つ子供の治療において大切なことは極力痛みを与えないことだと思います。子供、特に小学校低学年までの「治療のために痛みを我慢する」などということは理解できないのが当然です。極力痛みを軽減する方法を取り入れて治療を行っていきます。