診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
あせも、あせものより

あせも、あせものよりについて

あま市のごとう皮フ科クリニックでは、あせもや、あせものより(あせもが悪化した、赤いおでき)の治療にも対応しています。お子さまのあせもでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

あせもについて

汗をたくさんかいた後に、汗を排出する管が詰まってしまうとあせも(汗疹)ができます。

  • 皮膚の浅いところにできる「水晶様汗疹」
  • 皮膚の深い部分で詰まった「紅色汗疹」
  • 紅色汗疹を繰り返すことで汗管が壊れ生じてしまってできる「深在性汗疹」

の3つのタイプがあります。

子どもも大人も汗腺の数はほぼ同じなので、子どもは汗腺が密集して存在していることになります。また、乾燥やアトピー性皮膚炎などでバリア機能が未熟で皮膚のトラブルを起こしやすいこと、子どもは代謝が活発で一度にたくさんの汗をかきやすいことから、大人に比べてあせもができやすいです。

  • 治療

あせもにはよく効く塗り薬がありますので、できてしまってもすぐ治すことができますが、かゆみのため皮膚を搔いた部分に細菌が感染するとすぐにとびひになってしまいます。

またできれば予防できるように、しっかり保湿すること、汗をかいたらこまめにふき取ること、シャワーを使うなどあせもができにくい肌環境を作ってあげることが大切です。

あせものより

あせもが治らないまま、こじらせた状態でブドウ球菌が感染すると膿をもった赤いおできができるようになります。これをあせものより(乳児多発性汗腺膿瘍)と言います。
症状としては、リンパ節の腫れ、痛み、発熱などがみられます。主に夏の時期の乳幼児に発症し、頭部や顔、首、背中、お尻などに現れます。

  • 治療

治療は抗菌薬の内服および外用、子どもに対してはできるだけ避けたいですが重症の場合には膿瘍を切開排膿が必要になる場合もあります。