診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
多汗症、ワキガ

多汗症とは

多汗症には全身に汗が増加する全身性多汗症と体の一部に汗が増える局所多汗症があります。

全身性多汗症には特に原因のない原発性の他に、全身の病気(感染症、内分泌代謝異常や神経疾患など)が隠れている多汗症がありますので、血液検査などで原因を調べる必要がある場合もあります。
一方、局所多汗症の中の原発性局所多汗症は、手のひら、足のうらや脇という限局した部位から両側に過剰な発汗を認める疾患です。

いずれにしても多汗症は他の人にはその苦しみを理解されにくく、一人で悩むことが多い疾患です。今はいろいろな治療ができること、一人で悩む必要がないことを知っていただきたいです。

多汗症の実態と原因

特発性局所多汗症研究班がまとめた全国疫学調査では、原発性手掌多汗症患者さまの有病率は人口の約5.3%と極めて高い割合であることがわかりました。しかしそのうち、医療機関へかかる割合は1割以下で、治療されていない患者さまが多い事も判明しました。

原発性局所多汗症の原因

原発性局所多汗症の原因については発汗を促す交感神経が人よりも興奮しやすいのではないかともいわれていますが、まだはっきりしたことはわかっていません。遺伝性で家族内発症が多い傾向があります。

多汗症の症状

幼少児期ないし思春期ころに多く発症し、手の平、足の裏は精神的緊張により多量の発汗がみられます。症状の重い例では時にしたたり落ちる程の発汗がみられたり、手足はあせも、しもやけ、カビや細菌の感染を起こしやすいです。日中に汗が多いですが、睡眠中の発汗は停止します。
また腋窩多汗症は精神的緊張や温熱刺激によって左右対称性に脇の下に多汗がみられ、下着やシャツにしみができる程です。
手掌多汗症ではプリントがぬれてしまったり、勉強中や仕事にペンが握れなくなるほどの発汗があるなど、学校生活や仕事に支障をきたす場合が多く、頭部、顔面、背中、手足などの多汗症を伴っていることもあります。

当院の治療方針

あま市のごとう皮フ科クリニックでは、多汗症は以下のアルゴリズムに沿って治療します。

原発性と診断したら部位によって使う薬が変わってきます。原発性以外を疑う場合には血液検査などの精密検査を受けていただく場合もあります。

 

原発性多汗症の治療

特に原因のない原発性多汗症の場合、部位により治療法が異なります。(原発性腋窩多汗症、手掌多汗症には新薬があります)

原発性腋窩多汗症の治療

抗コリン外用薬という保険で使える新しい外用剤があります。使用方法などがありますので、処方の際は詳しく説明させていただきます。

原発性掌蹠多汗症の治療

原発性掌蹠多汗症にも保険で使える手専用の外用剤があります。こちらも使用量や方法などが大切ですので処方の際は詳しく説明させていただきます。

 

その他には従来から使われている塩化アルミニウムを使うこともあります。塩化アルミニウムは腋窩、手以外にも使うことができ、当院では10~50%の6種類の塩化アルミニウムを部位や症状によって使い分けています。サランラップやプラスチック手袋などでおおう密封療法という外用方法をしていただくこともあります。

 

そのほか、おすすめの治療

  • 内服薬

多汗症に対して抗コリン剤が使用されていますが、唯一保険適応があるのが臭化プロパンテリン(商品名:プロバンサイン)です。飲み薬なので全身に効果があるのが良い点ですが、汗をピタッと止めるような薬ではありません。

ボトックス注射は外用剤に比較してやはり高い効果が認められます。一度注射すれば毎日塗ったりしなくても半年近くは止まっていることが多いので普段の生活がグンと楽になります。副作用も適正に注射すれば大きな副作用がなく大変優れた治療です。しかし痛みもあり、費用的にも保険適応の外用剤に比べるとかなり高額です。いきなりボトックスを行うのもダメではありませんが、まずは保険適応の治療を行い、それでも生活に差しさわりがある場合に行うことをお勧めしています。

腋臭症(ワキガ)

人の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、エクリン腺はほぼ全身にあって温熱刺激や精神的緊張によって発汗します。一方アポクリン腺は腋窩や外陰部に分布し、思春期になると性ホルモンの影響で分泌が多くなります。
ワキガのにおいのもとは、アポクリン腺の汗の中の脂肪酸が皮膚の表面の細菌によって分解され、3-メチル-2-ヘキセン酸が発生することが原因と考えられています。

ワキガは遺伝性があり、耳垢がベタベタすることと相関があります。手術やボトックス注射が最も効果的ですが、抗生剤や制汗剤の外用剤も有効です。
ワキガは恥ずかしいことではありませんし、本人にはわかりません。遠慮なくご相談していただければと思います。

おすすめの治療

 

額や眉間 、目尻などの表情ジワに効果的です。顔の様々なシワに対して効果があるほか、汗を出す汗腺の筋層の働きを止め、汗を抑えることができますので、脇にも効果的です。

レーザーで腋窩の脱毛を行うことも腋臭症に効果があります。多汗症には効果はありません。腋臭症の際に多汗症の外用と併用するのが効果的です。