診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
赤ら顔・酒さ

赤ら顔(毛細血管拡張症)について

赤ら顔は毛細血管拡張症とも呼ばれ、毛細血管が拡張してしまい皮下に透けて見えている状態です。赤ら顔のタイプには大きく分けて2つあります。

それは毛細血管が「1本1本皮下に確認出来るタイプ」と「1本1本確認出来なくて皮膚全体が赤みを帯びているタイプ」の2つです。

酒さとは

酒さは慢性的に赤ら顔になる皮膚症状の一つで、以下のように診断します。

主症状

下記の症状が、1つもしくはそれ以上ある場合、酒さを疑います。

  • 顔、首に一時的な赤らみを繰り返す(ほてり、一過性紅斑)
  • 顔面の特定の部分の赤らみ、ほてりの症状が続く (持続性紅斑)
  • 丘疹や膿疱を反復する
  • 毛細血管拡張症

副症状

主症状と合わせて以下の副症状が出現することがしばしばあります。 副症状が単独で発症することもあります。

  • 熱感やチクチクとした痛み
  • 乾燥肌
  • 浮腫
  • 眼の症状(眼瞼炎・ドライアイ、感光性、反復性麦粒腫など)
  • 顔の周り(頭皮や耳など)にも主症状が現れる
  • 皮脂腺の過形成、腫大

酒さ、赤ら顔の悪化要因

酒さ、赤ら顔の悪化要因は様々で、紫外線、温度差、香辛料や熱い刺激物の摂取、飲酒、化粧品、過剰な皮脂、緊張や不安などの精神的ストレス、ニキビダニなどが挙げられています。しかし、それらは悪化要因であり根本的な原因ではないことが多いです。

現在解明されている最新の報告では、何らかの原因で「自然免疫」機構の亢進によって 慢性炎症が引き起こされ、肌に備わるセンサーが過敏になり、外的な悪化要因に対して敏感になることで
炎症反応が惹起され毛細血管の拡張など血管の異常が引き起こされ、赤みやほてりが続くなどの酒さの症状となると考えられています。

酒さ、赤ら顔の治療法

酒さ、赤ら顔は治療も多くの種類があります。
主な治療だけでも、外用剤、内服薬、漢方薬、レーザー、手術など20種類程度あります。
症状によって治療の組み合わせは無数にありますが、どのような症状でも最初は保険で出来る治療をお勧めしています。重症であるほどまずは保険治療を行うことが大切です。

保険治療でかなり改善することが期待できますが、それでも赤みや血管の浮き出る症状が残っている場合、あま市のごとう皮フ科クリニックでは赤ら顔に対してジェントルヤグ(ロングパルスヤグレーザー)を導入して治療を行っています。その理由は痛みが少ない、内出血の可能性が低い、より深部まで作用する、という点が優れているからです。治療後のお化粧が直後から可能な優しい治療です。また、下肢の毛細血管拡張症にも効果があります。

赤ら顔(毛細血管拡張症)

赤ら顔(全体に赤みがあるタイプ)

下肢毛細血管拡張症