あま市七宝町,皮ふ科,皮膚科/ごとう皮フ科クリニック,一般皮膚科,小児皮膚科,アレルギー科,美容皮膚科,アトピー,にきび/名古屋市.中村区.中川区.津島市.稲沢市.愛西市.清須市

  • WEB受付
  • 待ち状況確認
皮膚科一般 アトピー性皮膚炎 じんましん にきび いぼ・水いぼ 水虫・爪水虫 巻き爪 皮膚腫瘍・皮膚がん 上記以外の疾患 美容皮膚科症例 しみ・そばかす かんぱん くすみ・たるみ・しわ 青あざ・きずの跡 にきび・にきび跡 毛穴 赤ら顔 男性型脱毛

美容皮膚科診療

レーザー脱毛 ジェントルマックス ジェントルレーゼ ジェントルヤグ レーザーフェイシャル ALEXⅡ リフトアップレーザー ケミカルピーリング フラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE イオン導入 ボトックス ヒアルロン酸 CO2レーザー
採用情報ページへ アクセス concept.html staff.html 診療時間 携帯サイト
よくある質問 患者様からの質問を掲載
ごとう皮フ科クリニック
あま市七宝町沖之島高畑43-2
TEL:052-441-0077
名古屋鉄道(名鉄)津島線
『七宝』駅 南側150m

あま市七宝町,皮ふ科,皮膚科/ごとう皮フ科クリニック,一般皮膚科,小児皮膚科,アレルギー科,美容皮膚科,アトピー,にきび
名古屋市.中村区.中川区.津島市.稲沢市.愛西市.清須市

ごとうデンタルクリニック
皮膚科一般(保険診療)

いぼ、みずいぼ

いぼはヒトパピローマ・ウイルスによる感染、水いぼは伝染性軟属腫ウイルスによる感染です。どちらもうつる病気で、ご本人の中で広がっていったり、家族などにうつったりします。

いぼの治療の基本は1週間から2週間に一度、液体窒素で冷凍凝固処置します。しかし痛みを伴いますので、特に小さなお子さんにはつらい治療法です。そのような場合には痛みのない治療法もご提案いたします。

水いぼに対しては、ウィルスを含んだいぼを水イボ用ピンセットでつまんで取ってしまうのが基本です。自然治癒のある病気ですので何もしないで様子をみるのもひとつの方法ですが、特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎などで皮膚のバリア機能が低下していると水イボに感染しやすく、また広がりやすい傾向があります。

水いぼはお子さんに多い病気です。痛みを軽減することも大切ですので、麻酔テープで痛みを軽減したり、塗り薬を塗るだけの治療法も導入しています。

水虫、爪水虫

水虫は白癬菌(はくせんきん)という真菌(カビ)が皮膚に入り込んで生じる病気です。まず、顕微鏡検査で白癬菌をしっかり確認することから治療を開始します。

水虫にはかゆみを伴い、足の指の間がじくじくしたり(趾間型)、水疱を伴う水虫(小水疱型)のほかに、かゆみを伴わない水虫や足の裏がガサガサして硬くなるだけの水虫(角質増殖型)もあります。抗真菌剤を塗る治療のほかに、治りにくい水虫には飲み薬も使います。

爪水虫も白癬菌による感染症です。白癬菌が爪に入り込んでしまったために、爪の色が白く濁ったり、爪に厚みがでたりします。

抗真菌剤の飲み薬による治療を中心に行いますが、塗り薬を併用することや厚くなった爪を削ることも効果的です。飲み薬の治療では、定期的に血液検査をして、副作用をチェックさせて頂きます。

巻き爪

爪はほおっておくと自然にまいていくものですが、遺伝的な要因、爪の切り方、靴の選択、外反母趾などの骨格の問題、運動や外傷などにより、巻き爪になりやすい人となりにくい人がいます。

巻き爪の人は、陥入爪といって爪が肉に食い込んで痛みを引き起こす状態になりやすくなります。最初は少し痛い程度ですが、そのうちに激しい痛みで歩けなくなることもあります。爪を切ると痛みは一時的になくなりますが、爪が伸びてきたときはさらに悪化させてしまいます。

当院における治療法は、チューブ挿入によるガター法を中心としています。形状記憶合金(マチワイヤー)による矯正治療、ご要望により、皮膚に当たる部分の爪を生えなくしてしまう爪母形成手術も行います。

また、巻き爪では予防法も重要です。爪の切り方や靴の選択方法をはじめとして、アンカーテーピング法などの指導も致します。

皮膚腫瘍、皮膚がん

胃や大腸にポリープや癌ができるのと同様に、皮膚にも様々な腫瘍ができます。皮膚腫瘍において最も大切なことは、まず悪性の腫瘍を見逃さないことです。

当院ではダーモスコピーなどの最新の機器を用いて正確な診断を行います。特に「ほくろのがん」などの皮膚がんは紫外線の増加などにより近年増加傾向にありますので注意が必要です。皮膚科専門医として正確な診断と治療、または連携病院への紹介を行います。

良性の腫瘍としては、粉瘤(しぼうのかたまり)、アクロコルドン(首や胸、脇にできる小さな軟らかいいぼ)、脂漏性角化症(主にお年寄りの顔にできる黒いいぼ)、良性のほくろなどがあります。良性の腫瘍は必ずしも治療する必要はありませんが、ご要望に応じて、外来手術のほか、液体窒素凍結療法、レーザー治療などを致します。