診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
男性の薄毛(男性型脱毛症)

男性の薄毛(男性型脱毛症)について

「男性型脱毛症(AGA)」は、額の生え際から頭のてっぺんにかけての頭髪が細くなり、毛の数も少なくなるという、思春期以降の男性に特有の症状です。男性型脱毛症には、前頭部から脱毛が進行する「M型」と、頭頂部から脱毛が進行する「O型」があります。

日本人男性の3人に1人は男性型脱毛症に悩まされていると言われており、早ければ20歳代から徐々に頭髪が薄くなります。

男性型脱毛症の原因として男性ホルモンが関与し、男性ホルモンが5α-還元酵素という酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という抜け毛の原因物質に変化することが分かってきました。

当院の治療方針

男性型脱毛症の治療薬である「プロペシア(フィナステリド)」は、「Ⅰ型」5α-還元酵素の反応を抑える飲み薬です。残念ながら保険適応ではないため、プロペシアを用いた治療は自由診療(自費)になってしまいますが、長期間の内服により約98%の男性型脱毛症患者さまに有効であったという報告もあります。

さらに新しい男性型脱毛症の治療薬として「ザガーロ(デュタステリド)」があります。ザガーロは5αリダクターゼの「Ⅰ型」「Ⅱ型」どちらも阻害してくれます。プロペシアでは効果が見られなかった薄毛患者がⅠ型も阻害してくれるザガーロで発毛効果を得られたという例があり、注目が高まっています。

どちらの薬剤を使用する場合にも当院では1年に1度の血液検査をお勧めしています。定期健診、人間ドックを受けていれば大丈夫です。

プロペシアでの治療

プロペシアRの治療期間と期待される効果

開始〜3ヶ月

  • 抜け毛の現象
  • 生え際にうぶ毛が目立つ

4ヶ月〜6ヶ月

  • うぶ毛が太くなり、伸びる
  • うぶ毛が目立たなくなりはじめる
  • 周囲の人に「増えた?」と言われる

6ヶ月〜1年

  • 明らかな抜け毛の減少
  • 後退していた生え際が前進する
  • 毛髪のボリュームを感じる
  • 4人に1人は、効果を実感する
  • 理・美容師に「増えた?」と言われる

1年〜3年

  • うす毛が徐々に減る
  • 4人に3人は、効果を実感する
  • それまでに改善がなかった部位でも改善

4年以降

  • 改善した毛髪が維持される