診療時間/午前:8時40分〜12時30分、午後:15時10分〜19時

土曜は13:30まで

休診日/日・祝・木曜午後・土曜午後

【受付時間】[Web]8:00〜11:30/14:30〜17:00、[窓口]8:30〜11:30/15:00〜17:00

  • ※午前の受付で午後の診察を希望することはできませんのでご注意ください。
  • ※診察できる人数を超えてしまった場合は、やむを得ず受付時間内でもWEB受付を停止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
MEDICAL
小児皮膚科

デリケートな子どもの肌を守るため、
正確な診断に基づいた
最善の治療と適切なスキンケアを

子どもの肌は非常にデリケートで、簡単に皮膚にトラブルを起こしてしまいます。また皮膚の角層は薄く、皮脂や水分の量も少ないことから、とても繊細で大人以上にスキンケアが大切です。
最近では子どもの頃からしっかりしたスキンケアがアトピー性皮膚炎やアレルギーのリスクを下げることもわかっています。乳児湿疹からアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、じんましんなどのアレルギー疾患、とびひ、いぼ・水いぼなどの感染症、生まれつきのアザなどのレーザー治療まで子どもの疾患は多岐にわたり、治療もどんどん進歩しています。
あま市のごとう皮フ科クリニックでは、小児皮膚科学会員として正確な診断に基づいた最善の治療を提供できるように努めます。

 

当院の小児皮膚科の診療方針

まず正確に診断することが大切と考えています。
そのためにアレルギー検査や細菌の種類を調べる検査が必要になることもありますが、原因がわからずにただ治療するだけでは繰り返してしまうかもしれません。しっかり診断し、その診断に基づいて治療を行います。治療は、子供の皮膚は大人よりも薄く、塗り薬の吸収がよいため年齢に応じた塗り薬を選択する必要があります。

また、皮膚は部位によっても薬の吸収率が違います。部位に応じて塗り薬を調節する必要もあります。

もう一つ子供の治療において大切なことは極力痛みを与えないことだと思います。子供、特に小学校低学年までの「治療のために痛みを我慢する」などということは理解できないのが当然です。極力痛みを軽減する方法を取り入れて治療を行っていきます。

スキンケア

子供の肌の特徴は、「角層」という皮膚のバリア機能のために大切な層が大人の1/2~1/3しかなく、また皮膚にとって大切な皮脂の分泌量が成長に伴って変化するということです。そのため、成長に応じた適切なスキンケアが大切になります。

また、個人差も大きいためよく観察して適切な石鹸や保湿剤を使ったスキンケアを行うことが大切です。

 

 

(1)新生児期:生後2~3か月まで

お母さんのホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えます。

 

(2)乳児期:1才までの赤ちゃん

だんだん皮脂の分泌量が減ってきます。

 

(3)幼児期:1才から小学校入学まで

一生に中で皮脂の分泌量が最少です。

 

(4)学童期:小学生

思春期の変化がでてくると皮脂の分泌は増えてきます。

あま市で小児皮膚科なら、ごとう皮フ科クリニックへ

名古屋市中村区・中川区からも通いやすいあま市の皮膚科 ごとう皮フ科クリニックには、お子さま連れの患者さまが気兼ねなく、そして安心してご来院いただけるようキッズルームを設けています。DVDやコミックなどでリラックスして過ごしてもらえればと思います。

来院されるお子さまにとって「病院が恐いところ」というイメージではなく、明るくて楽しい場所となって、スムーズな診療、受診につながればと思っています。

医院づくりについては、クリニック紹介ページをご覧ください。